告知版01

アクセスカウンタ

zoom RSS 「出産したらお辞めなさい」曽野綾子氏に反論続々 女性が望む“働きやすい社会”は遠のくか、近づくか

<<   作成日時 : 2013/09/12 02:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

◆スケジュール。最新は5コラム、ニュース2軍に入れて、1日に5件オーバー分は告知版01へ入稿。猛暑で仕事休養の他、裁判所が夏休み明けとなる8月下旬から法務関連で忙殺し、更新がストップしていました。古い記事スレは、告知版01を中心に更新。臨時速報は従来通り、告知版02で。発行遅延でデータが溜まっている時は、JP・労務・貧困優先でニュース2軍は入稿します。
特に今回は遅まきながら、ブラック企業特集の記事スレをニュース2軍で予定しています。時間が足りず、発行遅延ご容赦を。では、記事スレに移ります。m(_ _)m
雑談ニュース2軍 http://blogs.yahoo.co.jp/sisuope043/folder/76936.html
告知版01 http://ih043.at.webry.info/
「出産したらお辞めなさい」曽野綾子氏に反論続々 女性が望む“働きやすい社会”は遠のくか、近づくか
http://news.nicovideo.jp/watch/nw759571
@老いたら子世代に従え。そんな感じですね。確かに中小ベンチャー企業TOPが藤田田方式を望んでいたりする。要は弁護士と同じ自営で、福利厚生がかからない形を望んでいる。要は横車。そうは問屋が卸さない。しかしながら、終身雇用の副産物については論議がなされている。関東なら関東と言う具合に、全国や海外への出向や転勤が無いスタイル雇用。企業側人件費負担となっている各種厚生福利の減免。
確かに離婚も多い日本ではプライバシー上、総国保時代が望ましい。しかし、企業が一部負担の社会保険・厚生年金だけでも、何とかしてほしい模様。会社・社員の雇用保険が企業の貸倒引当金にあたる。失業時支払だ。健康保険と年金だけは総国保、総国年に切替統一し、マイナンバー対象にする案も皆無じゃ無い。企業は任意の諸手当として、労働者に保険年金を給与に上乗せして支払う仕組み。
ブラック企業を減らすには、そうした諸手当の見直しも絡んで来る。人件費がかからぬ様、交通費・福利厚生費を抑えるべく、1人に長時間労働、一定の残業超えたら見なしサービス残業。長時間労働や休日減らし、有給減らし・取れない実態。取れば人事左遷や雇止め。いろいろあるね。都合の良い所ばかり着眼せず、痛み分けでしょう。産みの苦しみです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

「出産したらお辞めなさい」曽野綾子氏に反論続々 女性が望む“働きやすい社会”は遠のくか、近づくか 告知版01/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる