告知版01

アクセスカウンタ

zoom RSS フジテレビが「ひどすぎる」 低視聴率の原因はどこにあるのか?

<<   作成日時 : 2013/09/12 03:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

フジテレビが「ひどすぎる」 低視聴率の原因はどこにあるのか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130910-00000012-jct-bus_all&p=1
@良薬は口に苦し。私としては、延長をしないで、地デジchサブ活用を提唱。メインは音声画質保持に2/3、通常放送。同時に残り1/3を使って、延長戦を中継。特に野球など時間読めない時はNHKみたいにサブ使用で難を乗り切るべし。NHKに出来て、何で民放で出来ないのか?それは全国ネット契約。フジだけ先陣切ってサブch使った地デジ・フル活用でしょう。そうすれば定時にドラマは始められる。
地方局がサブ使用しなくても、先陣切ってフジだけでも実施すれば、皆が後をついて来る。フジと、フジに賛同してサブchで、中継延長をやっている地方局があるのに、何でウチの地方局はサブch使用して放送しないのか?と言う具合に、視聴者の声に押されて、統一が図りやすくなる。ネットみたいに途切れない中継をするには、NHKを真似て、サブch使用です。サブ延長時はスポンサー付かない厳しい中継になる。
しかし、今後の更新契約内容に盛り込めば良い。同時に2つ流すなら、サブを比率1/3で、メインを3/2で。払うスポンサー側が腹痛まない工夫。CFのQ出しは技術次第。防災時も、そうしたスポンサー関連の工夫が必要。後は延長分だけ、サービス放送でしょう。余裕を持った放送をする為に、平日も3時前クロージング。朝4時、情報番組を始める前にオープニング・コールサイン読上げ。中継ある無しに関わらず、余裕ある編成が必要。
特に、今後はセパ日本一決戦中継を考慮したら、21時以降は録画中継と、CS・BSナマ中継。その一方で地上波は23時のニュース・スポーツの後に、延長戦をOA。結局、根っこには地方局の独自性があるから、深夜に録画中継流しても、地方では流れないジレンマも。地方局赤字倒産を避けるべく、主要キー局(東日本は東京、西日本は大阪)が、地方局を買い取って子会社化、コールサインは同じ。そんな流れになる可能性も。
便利な機能があっても、活かせないジレンマ事情。逆境はチャンス。あえてフジが挑戦すれば、活路を見いだせる。あと、27時間TVは止めて、13時間TVでしょう。朝8時から夜21時まで効率よく祭を行う。今年の27Hテレビの質の悪さから1日14Hで十分。だらだらやって、視聴率稼げない大赤字より、ピンポイントで視聴質を良くする。同時に全国系列地方局の紹介を必ず入れる。
東京・関東は男女アナウンサーだけで対処し、それ以外の各局に1人、芸能人を送り込んで対処。そうやって、地方局の男女アナ発掘にもなる。そうした創意工夫が足りない。地方中継に芸能人、芸人でもいいから送り込んで地域発掘中継。昔のズームイン朝みたい。と言う指摘もある。見た事ないけどね。あと、空白域の青森、山梨、山口、徳島にTV局開設か。フジの子会社で設置するとか。(地域名)**ニッポン放送とか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

フジテレビが「ひどすぎる」 低視聴率の原因はどこにあるのか? 告知版01/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる