告知版01

アクセスカウンタ

zoom RSS  【鳥取】子どもスマホ所持「親の責務」明確に 県条例改正へ

<<   作成日時 : 2014/03/06 20:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

http://newsnavi.2ch.net/
 【鳥取】子どもスマホ所持「親の責務」明確に 県条例改正へ
@告知版3で取り上げている、出会い系サイトや学校裏サイト、各種ネット犯罪系。
参考:告知版3  http://post260zip.blog28.fc2.com/
@民事上の賠償請求や刑事事件発生時、親の責任が色濃くなる事で自主規制に至りやすい。同時にスマホ本体と携帯キャリア2系統フィルタリングが必要。1番良いのはWIFIスポットでのアクセス時であってもフィルターがかかる、マルチセキュリティソフトの開発。携帯キャリア業者が無料で、系列ありますよね、ドコモならマカフィー、AUならトレンドマイクロとか。そうしたアプリに自宅WIFIや屋外WIFIスポットでもフィルタリング標準装備。
各地の青少年健全育成条例で義務化にする事です。そうやってセキュリティーホールを塞ぎ、そうした端末ソフト標準化・設定義務化で違反者は親権者と販売業者に罰金と懲役刑を。少なくても6か月。それ位の対応をしないと、犯罪が増え続ける。親が逮捕される方向で。しかも現状では自宅等のPCはフィルタリングソフト装備されているが、使用にあっては任意だ。そうした緩やかな抜け道を保持しつつ、スマホ限定で規制強化。
犯罪の多くがスマホ携帯など、外に持ち出せる端末に多い。大人でもタブレット持ち歩く人は少ない。また、逆の発想で言うと、携帯スマホ専用サイトの法的規制をする事。分かり易く言えば、タブレットやノートPCでも携帯スマホ用サイトが見れる様にする事だ。そうした法規制ですね。一般ユーザーも携帯スマホ使わずに、ネットカフェ等のPC、自宅PCでスマホ携帯サイトにアクセス出来る。
同時に当局にもメリットが。アダルトを当局が監視しやすい訳だ。携帯スマホ専用掲示板とか、SNSアプリでもそう。そうやって「見える化」の法・条例規制です。PCでも見れるとなれば、悪い事は出来にくくなる。表現の自由には当たらない。特にアダルトや各種犯罪系など、専用サイトが多い。
@急務なのは、セキュリティソフトの本体フィルター設定義務化と、スマホ携帯専用サイトへの法規制。この2つを規制する事で、大きな変化がある。と言うのも音楽やゲーム・ダウンロードも最近は「携帯キャリアのツケ払い」がある為。最近は「ケータイ払い」と称して、与信額が標準装備されている。そうした支払いにも未成年規制を。端末を携帯キャリアの分割払いで、利用料金と合算とか、そうした延長で、ゲーム・音楽ダウンロード課金=請求書と合算も。いろいろ時代に合わせた法規制が必要。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

 【鳥取】子どもスマホ所持「親の責務」明確に 県条例改正へ 告知版01/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる